“ 新保式ボールウォーキング ”って?

こんにちは。

南青山『足から治療院』クレアーレ代表、フットマスターの新保泰秀です。

 

私が2016年に初版で出版させていただいた

『正しく歩けば不調が消える!1日300歩ウォーキング』

この本の中で初めて、

『新保式ボールウォーキング』という歩き方を提唱させていただきました。

 

新保式ボールウォーキングとは何か?

筋力に頼らず、重力を利用して 球体が転がるように重心を移動し、楽に歩く。

それが新保式ボールウォーキングです。


筋力には頼りませんが、必要な関節がぐーっとしっかり伸びますし、

関節がしっかり伸び縮みしますので、力を入れて動かすよりもしなやかに足が使えるのです。

そして、細くて強い足が出来上がります♪

これって理想的だと思いませんか?

そして

ボールは動力もなくまっすぐに揺れること無く、重心は常に一定です。

ボールが転がるように、無理なくスムーズに歩く。

これによって何よりも一番大きいのは

『疲れない』

という事。

皆さんは、例えば旅行先やお買い物などで、

一生懸命歩いて、目的地に着く頃には何だか『歩き疲れている』

というご経験がありませんか?

一生懸命歩く
がむしゃらに歩く
無理して歩く
頑張って歩く

そうではなく、

新保式の『バランスポイント』をしっかり意識して、

ボールが転がるように、無理なくスムーズに楽しく歩く。

これだけで、必要な体力は温存され

且つ、疲れません。

 

新保式ボールウォーキングのメリットとは?

新保式ボールウォーキングを身につけると

1.姿勢が良くなります
2.呼吸が深くなります
3.足首が細くなります
4.脚が長くキレイになります
5.関節の動きが良くなります

今日は、、、

こちらのブログをお読みいただいた方限定で

新保式ボールウォーキングの動画をチラっとお見せいたします♪

新保式ボールウォーキング動画

 

大切なポイントとは?

動画の中でもお伝えしておりますが、

1. バランスポイントに乗る
2. 前脚の膝を曲げない
3. 後脚の足首を伸ばす
4. そけい部を伸ばす

そして大切なのは、、、

笑顔で楽しむ事♪

難しい顔をすると筋肉は硬直し身体の動きは悪くなりますが、

笑顔でいるとリラックスし、

筋肉と関節が本来の動きとなり気持ちよく歩くことが出来ます。

力を抜いてリラックスして歩くことにより自律神経が整い、

関節が最大限に動くことで、筋肉も最大限に伸び縮みするため

究極の有酸素運動になります。

 

私たちは、子供の頃に行進を習いました。

膝を高く上げる。

実は膝を上げても前には進みません。

重心が後ろにある方は後進してしまうのです。

動き(運動)には重心の移動が大切です。

筋力を使って重心を移動するのはとても疲れますし、

身体に力が入り緊張してしまいます。

日常の歩きに大切なのはぐーっと力を入れることではなく、

出来るだけ身体の力を抜いて、

ボールのように転がるように関節を最大に使うことです。

痛むこと無く、キレイで丈夫な脚になっていきます。

 

ウォーキングの時だけきちんと歩くのではなく、

通勤・通学の途中でも

お買い物の途中でも

家事の合間でも

とにかく普段の歩き方を『新保式ボールウォーキング』に、

そしてそれを習慣にすることが、不安のない身体作りとなります。

 

全国で大好評開催中です♪

東京、富山、石川、大阪、大分、宮崎、沖縄。

全国で開催中の『新保式ボールウォーキング教室』

開催ご希望の方は、是非ご一報くださいませ。

一人でも多くの方に

正しい歩き方を楽しくマスターしていただき、

そして足の大切さをお伝えできればと切に願います。

お問い合わせはこちらまで
info@minamiaoyama-foot.com

関連記事

  1. 間違いだらけの7つの歩き方③

  2. あなたの足裏にある 3つのアーチとは?

  3. あなたの『足』には こんな大切な役割があるのです

  4. 骨盤が歪む本当の理由、ご存知ですか?

  5. 足首のニュートラルって?

  6. 西日本新聞様の『読書案内』でご紹介いただきました♪

新保泰秀の活動報告

足の大切さを 全国にそして世界に発信!


詳しくはこちらを御覧ください

メルマガ登録

クレアーレメルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

予約カレンダー

2018年11月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
×
19
20
21
22
23
×
24
×
25
×
26
27
×
28
29
30
×
 
2018年10月